引き出物を売りたい主婦がブランド食器を買取査定

引き出物を売ろう! 人気ブランド食器買取比較!!売るならココ
MENU
人気ブランド食器を食器買取店で査定してみました!
人気ブランド食器買取比較 » ブランド食器や引き出物でもらった食器の価値を知ろう! » クリストブル

クリストブル

こちらでは、「クリストフル」のカトラリーについて詳しくご紹介しています。ブランドの歴史や価値、それぞれのシリーズの特徴、製造されたカトラリーの買取相場についても調べてみました。

世界中で愛される銀食器ブランド|クリストフル

クリストフルは、1830年にフランスで設立された銀食器のブランドです。王室や豪華客船、世界中の高級レストランで愛されているブランドですが、日本人のシェフからも高く評価を得ています。プロに愛されるその理由は、使われている銀の厚さです。

クリストフルの銀メッキの厚さは、40ミクロンだと言われています。40ミクロンと言われてもなかなか想像しにくい厚みですが、日本で一般的に使用されている銀メッキは3ミクロン。通常の銀メッキの13倍もの厚みを持っているので、毎日使用したとしても2世代使用できると言われているほどなのです。

そして、クリストフルの魅力でもある表面に刻まれた装飾は、40ミクロンという銀の厚みがあるからこそ実現するもの。つまり、クリストフルの美しい装飾を他の銀食器で表現することはできず、デザインや素材の上質さを考えても、銀食器界では唯一のブランドだと言えるでしょう。

銀には独特な口当たりの滑らかさがあり、料理の味を最大限に生かすと言われています。この点も、クリストフルのカトラリーがプロから支持される理由。その美しさだけでなく、実用品としても申し分ないブランドです。

買取価格の相場は50,000~240,000円ほどとなっています。

【原産国】フランス

代表的な商品をチェック!

マルメゾン クリストフルシルバー カトラリーセット

「マルメゾン」は1967年に発表されたクリストフルの代表的なデザインのひとつで、太陽神アポロンを象徴する月桂樹モチーフとなっています。

月桂樹は、古代ローマ時代には皇帝の冠として使用されていましたが、皇帝ナポレオンが好んだモチーフでもあります。そこからもわかるように、マルメゾンシリーズは皇帝が好む様式とされる「アンピールスタイル」です。

マルメゾンという名前は、ナポレオン皇帝の妃・ジョセフィーヌが暮らしていたマルメゾン城から名付けられたもの。曲線に沿って描かれた繊細な月桂樹デザインが魅力のシリーズです。

買取価格はかなり高額になり、240,000円前後の査定となるようです。

パール カトラリー 48本セット

「パール」シリーズは1876年に発表されたシリーズで、その名の通りパールのネックレスをモチーフにしたという縁取りのデザインが特徴的です。この真珠のような小さな珠は、どのカトラリーにも174粒が配置されていると言われています。

様式としてはルイ16世様式となっており、その他のシリーズよりもシンプルなデザインなので使いやすく、高級ホテルや一流レストランで頻繁に使用されています。クリストフルのシリーズの中では最も日本人になじみ深いもので、レストランで見かけたという方も多いでしょう。

このように余分な装飾がなくシンプルなので、ご家庭の食事時に使用するには最適です。このデザインだからこそ、銀自体の質の高さを感じられると思います

買取金額の相場としては、145,000円前後が目安になるでしょう。

マルリー カトラリー30本セット

「マルリー」は、クリストフルのシリーズの中でも最も人気の高いシリーズなので、「クリストフルと言えばマルリー」と想像される方も多いと思います。

そのデザインの特徴は、いかにもフランスらしい、繊細で優雅なロココ調の装飾。アカンサスの葉がモチーフになっているとされるその装飾は、まるで芸術品のように緻密で美しく、思わず飾っておきたくなる逸品です。

マルリーという名前は、ルイ14世によって建造された、パリ郊外のマルリー城に由来するもの。ルイ14世が、ベルサイユ宮殿の厳格さから逃れるために建てたというマルリー城には、ルイ14世が気に入った人のみが招待されていました。

マルリーの装飾を見ていると、そんなルイ14世の自由さと華やかな生活が反映されているようです。

買取価格の相場は、50,000円~86,000円ほどが目安となっています。

買取強化をしている会社

買取専門店 福ちゃん

食器買取専門NIKKOUDOU

大黒屋

人気ブランド食器を食器買取店で査定してみました!
pagetop
人気ブランド食器を食器買取店で査定してみました!

サイトの管理人

引越しを期に、自宅に眠っている結婚式などの引き出物をどうにかしたい…と考えた主婦。眠らせてばかりの食器を買取ってくれる業者があることを知り、査定に出してみました!食器買取業者選びの参考にしていただければ幸いです。

サイトマップ