引き出物を売りたい主婦がブランド食器を買取査定

引き出物を売ろう! 人気ブランド食器買取比較!!売るならココ
MENU
人気ブランド食器を食器買取店で査定してみました!
人気ブランド食器買取比較 » ブランド食器や引き出物でもらった食器の価値を知ろう! » 九谷焼

九谷焼

伝統的な「九谷焼」の食器についてくわしく紹介しているページです。買取参考価格などもリサーチしているのでぜひチェックしてみてくださいね。

最高級和食器のひとつ|九谷焼

九谷焼の特徴は、「呉須」と呼ばれる藍青色で線描きをし、「五彩」と呼ばれる赤・黄・緑・紫・紺青の5色の絵の具を厚く盛り上げて塗る彩法。

絵柄は、花鳥や山水など絵画的で大胆な上絵付けがなされ、力強い印象が漂います。

時代の流れとともに変化しながら、それぞれ特有の素晴らしい画風を作り出してきた九谷焼は、現在もなお名工達が伝統を生かしつつ斬新なデザインの作品を生み出し、作風の幅を広げています。

間違いなく最高級和食器のひとつである九谷焼の食器は、引き出物でゲストをおもてなすにも申し分ない品物と言えるでしょう。価格帯は希少性が高い物なら1,000,000~1,500,000円くらいが目安となるようです。

【原産国】日本(石川県)

代表的な商品をチェック!

飾り皿

九谷焼は、ほかの陶磁器産地と比べて「飾り皿」の買取実績が多い傾向にあるようです。

明治~大正時代にかけて作陶された九谷焼の飾り皿には、作家が不明な品物にもかかわらず50,000円の高額査定がつけられた実績もあるよう。

また、九谷焼の長い歴史の中で、初期の40年間に作陶された「古九谷」の品物は、その希少性の高さと文化的価値から、なんと1,000,000~1,500,000円という高額の買取価格がつけられるケースもあるのだとか。

吉田屋(yoshidaya)

文政年間(約180年前)

吉田屋は、青手古九谷の塗り埋め様式を再興したもの。赤を使わずに、青(緑)・黄・紫・紺青の四彩を用いて作られます。

また、模様のほかに、小紋を地紋様風にして器物全面を絵の具で塗り埋めた重厚さがあり、独特の雰囲気を醸し出しているのも特徴です。

木米(mokubei)

文化年間(約250年前)

古九谷が廃窯になってから約80年後に、加賀藩営で金沢に春日山窯が開かれました。

京都の文人画家・青木木米の指導によって、全面に赤を施し、中国風の人物を主に五彩を用いて描き込んである画風が木米の特徴です。

青木木米の買取価格の相場としては、数十万~百万円程度が目安となるようです。

買取強化をしている会社

買取専門店 福ちゃん

食器買取専門NIKKOUDOU

九谷焼の買取相場

九谷焼といえば骨董品の中でも人気が高いものということもあり、買取相場も高くなっています。家で眠っている九谷焼がある場合は、買取をお願いしてみてはどうでしょうか。

価格相場は状態によっても大きく異なるのですが、もともと価値が高いものや状態の良いものであれば、簡単に10万円以上の値がつくことも珍しくありません。全体のうち、7割程度は1万円以下の買取となってしまうようですが、10万円を超える買取評価になった方もいるようなので、状態が悪くならないうちに早めに買取依頼を出してみるのもおすすめです。

中には、それほど価値がないものだと思って買取に出したところ、思っていたよりも高値が付き、驚いた方もいます。商品によってかなり価格差は大きいのですが、一見それほど価値がないように見えるものでも高値がつくケースもあるので、「どうせそれほどにはならないだろう」と自己判断するのはもったいないともいえます。

特に歴史が古いものは価値が高くなりやすいので、古くから家にある九谷焼は特にチャンスだといえるでしょう。ただ、骨董品ということもあり管理が難しいので、状態が悪くなる前に早めに買取に出すことを依頼してみてはどうでしょうか。

九谷焼を高く売るポイント

高価買取のために重要なのは、すべて揃えて売るということです。骨董品である九谷焼だけでなく、それを購入した際についてきたものとして箱、布、証明証書などがある場合はこれらをすべてそろえて売るとプラス価値がついて高値で引き取ってもらえる可能性が高くなります。

ご存知のように骨董品類には多く偽物も出回っているので、人気の高い作品だったとしても、それが本物であることを証明できるものがないと、価値が下がってしまう可能性もあるのです。

もちろん、証明書類などがなかったとしても買取してもらうこと自体は不可能ではありませんが、気をつけておきたいですね。

それから、本当にその製品を正しく評価できる人に鑑定してもらうことも大切です。有名作家の作品などは確実にその作家の作品であることが断定できる知識のある鑑定士に担当してもらわないと、相場よりも安く買い取られてしまう可能性があるのです。

実績のある鑑定士であれば強気の販売価格を設定できるため、これに伴って買取価格も高くなります。鑑定額を聞いた上で納得できない場合や、その理由がわからない場合は質問をしてみてくださいね。

納得のいく説明をしてくれる鑑定士のいるお店を選んで買取してもらいましょう。

九谷焼の窯元・有名作家

様々な作家によって作られている九谷焼ではありますが、その中でも特に有名な陶芸家情報についてご紹介しましょう。誰か有名な作家さんの作品を購入したいと思っている場合も是非とも参考にしてみてください。

吉田美統…人間国宝にも遠くされている実績を持つ有名な方です。独特の赤絵金襴手(きんらんで)と呼ばれるものを継承している方で、高校在学中にはすでに陶芸技法について学び始めていたとのこと。錦山窯の三代目として、様々な絵付け等の技法を習得したとのことです。また、各工程において独自の研究をするなど、技術発展にも努めています。財団法人石川県美術文化協会理事でもある方です。

三代徳田八十吉…こちらも人間国宝として知られています。従来の九谷焼といえば絵柄を表現するのが一般的ではありますが、こちら作家さんは色の配色のみで作品を仕上げるのが特徴。彩釉(さいゆう)という技法を生み出し、従来よりも高い温度で焼成するなど様々な工夫を用いた作品作りを行っているのが特徴です。深みのある作品作りを得意としています。

三代浅蔵五十吉…文化勲章受章者でもある二代目から色釉を受け継いで使っています。時にはプラチナなどの材料も使っているのが特徴的で、立体感を用いた絵を表現するのを得意としている方です。自分で成形も行うことから、よりイメージに近い作品作りを実現しています。

人気ブランド食器を食器買取店で査定してみました!
pagetop
人気ブランド食器を食器買取店で査定してみました!

サイトの管理人

引越しを期に、自宅に眠っている結婚式などの引き出物をどうにかしたい…と考えた主婦。眠らせてばかりの食器を買取ってくれる業者があることを知り、査定に出してみました!食器買取業者選びの参考にしていただければ幸いです。

サイトマップ