引き出物を売りたい主婦がブランド食器を買取査定

引き出物を売ろう! 人気ブランド食器買取比較!!売るならココ
MENU
人気ブランド食器を食器買取店で査定してみました!
人気ブランド食器買取比較 » ブランド食器や引き出物でもらった食器の価値を知ろう! » 大倉陶園の価値は?買取相場は?

大倉陶園の価値は?買取相場は?

こちらでは、日本の洋食器メーカー・大倉陶園の概要や代表的な商品についてご紹介しています。

日本における最高級の洋食器と賞される大倉陶園

「大倉陶園」は、1919年に創業された日本最高級の洋食器メーカーで、伝統的な技術をベースとしながらも、果敢に新しいことにチャレンジしていく姿勢が特徴的なメーカーです。

その理念として現在も変わらないことは、「美術的な価値の高い磁器を作り出すこと」です。イギリスのセーブル、イタリアのジノリー以上のものを作り出すという精神は、絶えず大倉陶園の根源であり続けています。

大倉陶園で最も代表的な作風といえば、「オークラのホワイト」と呼ばれる、純白な白磁にゴールドの装飾が施されたシリーズでしょう。

最高級のカオリンを使用して、1,460度という超高温で焼き上げられた「薄肉彫鳳凰菓子鉢」は、深みのある柔らかい白色が優雅な雰囲気を醸し出しています。

また、日本画で使用される技法を用いている手描きの絵は、油で溶いた絵の具を使用しているため、細部まで細かなグラデーションが再現された見事な美しさを誇るものとして評判です。

1942年以前はオーダーメイドを中心として製造していましたが、それ以降は一般向けにも広く製造され、日本の洋食器界を代表するメーカーとして人気を博しています。価格帯は3,000~200,000円と幅広く揃っています。

【原産国】日本

代表的な商品をチェック!

ブルーローズ

ブルーローズは、今から約80年前に製造が開始されたシリーズで、白磁にコバルト色のバラが描かれていることが特徴です。

その彩色技法は大倉陶園独自のもので、本焼成した白磁にコバルトの絵の具でバラを描き、1,460度という温度で焼くことによって生まれます。

コバルト一色で彩色されたバラですが、絵の具の濃淡によってリアルにバラが描き出され、落ち着いた華やかさを感じさせます。

大倉陶園の代表的な作品として高い人気を誇っていると同時に、所持している方も多いようです。

買取価格の相場としては、セットではない単品の買取で、20,000~25,000円ほどが目安となるでしょう。

呉須正倉院

呉須正倉院は、1960年頃から製造が開始されたシリーズで、正倉院御物をモチーフにしています。素焼きの素地に直接彩色を施すことが特徴で、ブルーローズと同様、コバルト色がメインで使用されます。

素地に彩色するということは、釉薬を塗る前に採食するということであり、この技法によって描き出されたコバルト色の耐久性が高くなることが特徴です。

装飾方法としては古典的な方法であり、その文様のイメージ、縁取りの上品な白金色と相まって、非常に落ち着いた気品あふれる雰囲気に仕上がります。

買取価格の相場としては、15,000~100,000程度と幅広いですが、カップとソーサーのセットで15,000円、ディナーセットで100,000円程度が目安となります。

ナポレオン

ナポレオンは、その名の通りナポレオンをイメージしたシリーズで、ナポレオン1世が好んだとされるモスグリーンがベースになっていることが特徴です。

そして、その上に描かれているモチーフは、蜂、王冠、月桂樹など、ナポレオンを彷彿とさせる文様で彩られています。

このモスグリーンは、大倉陶園独自の「漆蒔」という技法で表現されたもの。縁取りに使用されている金彩は、エッチングによって表面に凹凸が施され、立体感のある仕上がりになっています。

買取価格の相場を調べたところ、買取実績としては見つかりませんでした。

そのため、実際の買取価格は不明ですが、買取を行ったカップとソーサーのセットは32,000円で販売されていたため、15,000~20,000円ほどの買取価格になると予想されます。

スイートメモリー

スイートメモリーは、大倉陶園の洋食器の中でも価値が高いとされており、豪華な装飾によって美術品とも見紛う美しさが特徴です。

描き出される文様は、矢車菊という純日本的なモチーフですが、そのシェイプはヨーロッパ調のデザインとなっており、格式の高さを感じさせます。

縁取りには近世愛が施されていますが、砂目のエッチングが入っているため、角度によって金彩の輝きが様々に変化し、重厚感のある輝きを放ちます。

買取価格の相場としては、3,000~50,000円前後が目安となりますが、ティーセット、ディナーセットなどの食器数が多いセットであれば、数十万円の買取価格となることもありえるでしょう。

クラシックローズ

クラシックローズは日本画の技術を使って、鮮やかな色彩で描き出されたバラの花が特徴的なシリーズです。

全体的に、コバルト色で格式高いイメージを持つ食器が多い大倉陶園ですが、クラシックローズは、彩度を落とした落ち着いた色彩の葉とともに描かれる真っ赤なバラが鮮烈な印象を与えます。

彩色はもちろん手描きで行われており、繊細な筆使いで細かく表現されたグラデーションが見事な美しさです。

買取価格の相場を調べましたが、買取価格も販売価格も見つけることができませんでした。

買取品として出回ること自体が少ないのか、「買取強化品」として指定している業者も多かったため、他のシリーズと同様の価格か、もしくは更に高額での買取になると予想されます。

買取強化をしている会社

買取専門店 福ちゃん

「買取専門店 福ちゃん」はブランド食器以外にも、着物や古銭、ブランド品、宝石、貴金属など、様々なものをトータルで買取している専門店です。

買取実績は他業者と比較してもかなりのもので、全体で200万点にも上り、大倉陶園の食器も様々なシリーズで幅広く買取を行った実績があるため、その鑑定眼にも期待できるでしょう。

買取専門店 福ちゃん

食器買取専門NIKKOUDOU

「食器買取専門NIKKOUDOU」は、ブランド食器や和食器をメインに買取を行っている専門店です。

もともとは、美術品や骨董品、アンティーク品の買取を行っていた日晃堂から派生しているため、美術品としての価値が高い大倉陶園の食器の買取に関しては適任でしょう。

セット品の欠品、箱なし、一点のみの大倉陶園でも買取できる場合があるので、とりあえず相談してみることをおすすめします。

食器買取専門NIKKOUDOU
人気ブランド食器を食器買取店で査定してみました!
pagetop
人気ブランド食器を食器買取店で査定してみました!

サイトの管理人

引越しを期に、自宅に眠っている結婚式などの引き出物をどうにかしたい…と考えた主婦。眠らせてばかりの食器を買取ってくれる業者があることを知り、査定に出してみました!食器買取業者選びの参考にしていただければ幸いです。

サイトマップ