引き出物を売りたい主婦がブランド食器を買取査定

引き出物を売ろう! 人気ブランド食器買取比較!!売るならココ
MENU
人気ブランド食器を食器買取店で査定してみました!
人気ブランド食器買取比較 » ブランド食器や引き出物でもらった食器の価値を知ろう! » ローゼンタール

ローゼンタール

「ローゼンタール」の特徴や魅力、価値などについてご紹介しているページです。ローゼンタールの代表的な食器の買取相場についても掲載しています。

幅広いデザインラインナップが魅力|ローゼンタール

ローゼンタールは比較的新しいブランドで、1879年のドイツ・バイエルンで設立されました。最初はバイエルンにあるエアカースロイト城にあった工房だったのですが、1891年にはゼルプに工場を造り、その人気はあっという間にヨーロッパ中に広がりました。

世界的に人気の高いヨーロッパの食器ブランドと言えば、優雅なデザインでこの上ない高級感を感じさせるものが多いですが、その中でローゼンタールは異質な存在。ローゼンタールは多くの作品を輩出していますが、それらのテイストは全く異なるのです。

例えば、「スタジオライン」というシリーズは、アート性の高い食器を製造していますが、スタジオラインの中でも、魔笛、ラブストーリー、100 years Tapio Wirkkalaなどのスタイルがあり、それぞれデザインコンセプトが違います。そのため、同じブランドの食器どころか、同じシリーズのデザインとも思えないような個性豊かな作品が揃うことに。

ローゼンタールは、同じブランドの中で様々なテイストを楽しむことができて、気分やTPOに合わせて使い分けられるというユニークな魅力を持つブランドです。買取金額は8,000~60,000円が相場となっています。

代表的な商品をチェック!

ローゼンタール 魔笛 カップ&ソーサー

「魔笛」は、モーツァルトの同名曲から名付けられており、アート性を重視したスタジオラインの食器です。そのデザインは魔笛という名前に相応しく、壮大な世界観を持つオペラ・魔笛が表現されています。

魔笛のデザインを担当しているビョルン・ヴィンブラッド氏は、陶芸家であると共に演劇やオペラの衣装デザインも行う舞台芸術家。オペラをいつも身近に感じているからこそ、この作品はこれほどまでに高い完成度を誇っているのでしょう。

魔笛の特徴的なところは、絵付けではなく浮き彫りによって絵柄が描かれていることで、それはイタリア・ルネサンス期の彫刻のような美しさ。陶磁器の地色である白色と彩色の金色しか使われていないシンプルな雰囲気ですが、浮き彫りによる控えめな装飾が陰影を作り出し、なんとも柔らかな上品さを醸し出しています。

買取価格の相場は、8,000円~17,000ほどが目安となっているようです。

ヴェルサーチ 12点セット

「ヴェルサーチ」は、バロック調のデザインに重厚な装飾を施したゴージャスなスタイル。さらに、メインに配置されているメドゥーサの紋章が印象的なシリーズ。このセット品は、ヴェルサーチの中の「プレステージ・ガーラ」というスタイルです。

プレステージ・ガーラは黒と金色をメインに使った食器が多く、ヴェルサーチの代表的なスタイル。晩餐会に使用されるようなラグジュアリーな雰囲気を醸し出しており、食器で高級感を味わいたいと言う方には最適でしょう。

ローゼンタールのシリーズとして、最も数多く食器を展開しているのはスタジオラインです。ヴェルサーチは製造数がそれほど多くないので、高額査定が期待できます。

買取価格としては、60,000円前後が相場となっていました。

ブルガリ カップ&ソーサー

「ブルガリ」は、あのイタリアの高級ブランドであるブルガリのことです。ローゼンタールはブルガリの食器を製造していたことがあり、これはその中のひとつ。当時は、ブルガリの食器やクリスタル製品を中心に製造していました。

ですが、現在ではローゼンタール製ブルガリ食器は製造終了となっていて、希少性の高い食器となっています。どちらのブランドが好きな方にとっても憧れの品となっているでしょう。

ローゼンタール製のブルガリは、春の自然を思わせるような柔らかい色使いが特徴的です。上でご紹介したヴェルサーチとは、同じブランドだと思えないようなカジュアルさで、このテイストの幅広さこそがローゼンタールの魅力。ブルガリは、お友達を招いてのティーパーティーにも気軽に使えるような可愛らしさを持っています。

買取価格の相場は、50,000円前後で設定されているようです。

買取強化をしている会社

買取専門店 福ちゃん

食器買取専門NIKKOUDOU

人気ブランド食器を食器買取店で査定してみました!
pagetop
人気ブランド食器を食器買取店で査定してみました!

サイトの管理人

引越しを期に、自宅に眠っている結婚式などの引き出物をどうにかしたい…と考えた主婦。眠らせてばかりの食器を買取ってくれる業者があることを知り、査定に出してみました!食器買取業者選びの参考にしていただければ幸いです。

サイトマップ